印刷用紙.

◀戻る

印刷用紙の概要

ほとんどの紙は、なんらかの方式によって印刷・加工され使用されています。このなかでとくに一般商業印刷物及び出版物の印刷用に使用されている一般紙(特殊紙でないもの)が「印刷用紙」で中心的位置を占めています。印刷用紙を構造・用途・形態などの面から大別すると以下の通りになります。

  • 原紙パルプがオール晒パルプで製造される上級紙と機械パルプ(GP)古紙を含有する中・下級紙があります。
  • コーティングにより印刷適正をより向上させた塗工紙とコーティングしない非塗工紙があります。
  • 一般商業印刷に用いられる狭義の印刷用紙と書籍・雑誌などに用いられる出版用紙があります。
  • 枚葉印刷に用いられる平判と、巻取印刷に用いられる巻取があります。

 

印刷用紙の種類と主な用途

印刷用紙の種類と主な用途

 

主要取扱品種

主要取扱品種

標準規格表抜粋・印刷用紙A

p06標準規格表抜粋・印刷用紙A

標準規格表抜粋・上質コート

p07標準規格表抜粋・上質コート

純白ロール紙

p10純白ロール

薄口A模造紙

p10薄口A模造紙

クラフト紙

p10クラフト紙