段ボール.

◀戻る

段ボール原紙

段ボールの原紙は、主として段をつくるのに適する原紙を中芯、表裏の平面を形成する原紙をライナーとよびます。
段ボール説明

段ボール原紙の分類

段ボール03
※外装用ライナーは輸送を目的とした段ボールを造る為に使用されるライナーです。

  1. Kライナー(クラフトライナー)
    Kライナーは表裏ともパルプを原料に使用します。
    (180、200、220、280g/㎡)
  2. ジュートライナー
    ジュートライナーは表層にパルプを使用、表裏は古紙を使用し抄き合わせます。

※内装用ライナーは軽量な部品の内装箱、個装箱、仕切り、緩衝用パッキング等強度をあまり必要としない段ボール箱に使用されるライナーです。
(120g/㎡)
※セミ芯はSCP、CGPなどのパルプのほか、古紙を主原料とし、特芯は古紙、ノットかす、CGP、SCPが原料です。
 (110、120、125、160、180、200g/㎡)

紙質(ライナー)について

ライナーとは、ダンボールの表面と裏面に使われる紙素材のことです。
D4、C5、K5、K6、K7等のタイプがあり、右に行くほど丈夫になります。
当社では、C5・K5・K6を使用することが多いですが、用途に合わせて最適なものをお選びします。
段ボール01

中芯について

ダンボールの中にあるナミナミの部分を中芯といいます。
紙の単位は1㎡あたり何グラムかで表し、一般的に中芯として使用されるのは、120gの紙です。
その他に160g、180g、180g強化タイプ、200g強化タイプがあります。
段ボール02

フルートについて

中芯の高さのことを、フルートといいます。

スマホ用段ボール

※他にCフロート厚み4mm、Fフルート厚み1mmがございます。
 詳しくはお問合せください。

主要取扱メーカー

  • 愛媛製紙株式会社
  • レンゴー株式会社