Home >> 取り扱い品目一覧 >> 化成品

化成品について

合成樹脂フィルム

ポリプロピレンフィルムとは

ポリプロピレンフィルムは、1962年我国では、東レより初めて市販されました。
ポリプロピレンフィルムには二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP)と無延伸ポリプロピレンフィルム(CPP)があり、OPPフィルムはT型ダイス法により、ポリプロピレンペレットを溶融押出しし、縦および横に延伸されます。
この延伸による分子配向によって特に防湿性、機械的特性、透明性、耐寒性、電気的性質が大幅に向上し、包装用フィルム基材、粘着テープ、プリントラミ用、電機絶縁用など多岐にわたり使用されています。

無延伸フィルム(CPP)は、T型ダイス法及びインフレーション法のいずれかにより、溶融押出し製膜されます。易ヒートシール、透明性、防湿性にすぐれ包装フィルムのシーラント材、単体でのパン、繊維の包装用に使用されています。

ポリプロピレンフィルムの種類

構造による分類

フィルムチャート01

  • 無延伸ポリプロピレンフィルム(CPP)
    ポリプロピレン CPPフィルムは、例えば包装構成中のシーラント素材として抜群の安定品質を御提供して参りました。また、食品包装分野への安定供給と共に、幅広い分野への展開をしております。

    <製品詳細>
    ・ラミネートグレード

  • 一軸延伸フィルム
    ポリプロピレン 高密度ポリエチレン及びポリプロピレンを縦一軸延伸したフィルムです。
    縦方向の強度が強く、ひねり適性に優れております。また方向性があるため、縦方向に裂けやすく、ストレートカット性に富みます。

    <製品詳細>
    ・PP系グレード

  • 二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP)
    ポリプロピレン PPフィルムは、プラスチックフィルムの中で最も比重が軽く、透明性・機械適正・耐薬品性等に優れた、軟包装パッケージの中では現在最も多く使用されているフィルムです。多種多様なお客様のニーズに的確にお応えする品種設計により、一般食品包装から機能性・意匠性を高めた包装形態にいたるまで、さらに、産業用途への広い展開を可能にしています。

    <製品詳細>
    ・二軸延伸フィルム 一般グレード
    ・ラミネートグレード
    ・バリアグレード
    ・マット調(艶消し)グレード
    ・通気グレード

ポリエチレンテレフタレート(PET)

一般的にはポリエステルと呼ばれ、1931年〜1941年にかけてイギリスで開発されました。
我国では当初、合成繊維の素材として使用され、今日ではフィルム、シートとして食品包装、産業用資材、磁気テープ関係等、多岐にわたり使用されております。

  • ポリエステルフィルム(PET)
    リニアローデンシティポリエチレン ポリエステルフィルムは、二軸延伸効果によって他のプラスチックフィルムには見られない耐熱性、ガス遮断性、防湿性、強度、透明性等、各特性のバランスがよくとれたフィルムです。
    食品用のラミネート基材から産業資材に至るまで幅広く使用されますが、寸法安定性や加工適正に大変優れることから、絶緑材料などいわゆる工業用途にも展開されています。

    <製品詳細>
    ・ポリエステルフィルム(PET)

直鎖状低密度ポリエチレン(L-LDPE)

  • リニアローデンシティポリエチレンフィルム(LL)

    ポリエステルフィルム メタロセン触媒技術による高性能直鎖状低密度ポリエチレンを主原料としたフィルムです。
    シール強度・耐寒性・耐衝撃性・ホットタック性の諸物性に優れ、主に複合フィルム構成のシーラント基材として使用されています。
    この優れた特性により、冷凍食品、水物包装、米袋などの重量物包装等、幅広く使用されています。

    <製品詳細>
    ・リニアローデンシティポリエチレンフィルム(LL)

セロハン

セロハンとは

セロハンは1908年(明治41年)スイスのブランデンベルガーにより発明されました。
工業化されたのは、フランスのラ・セロファン社が初めてですが、この新しいフィルムは透明なフィルムとしては世界初のものです。

我国では、1925年(大正14年)に企業化されましたが、生産量は微々たるものであり、昭和に入り、連続操業を可能とし多くの企業が生産に乗り出しました。
セロハンは化学的には再生繊維素被膜と呼ばれ、木材パルプの繊維素(セルロース)を化学処理してビスコースという溶液にし、これを再び凝固再生する事によって造られます。

地球にやさしいフィルム

セロハン
  1. パルプから製造された透明フィルムです。
  2. セロハンは、セルロースからなります。(セルロース:植物の細胞壁の主成分)
  3. 燃焼による発熱量は少なく、燃焼ガスによる2次公害はありません。
  4. 土壌中やコンポスト中で速やかに分解され、水と二酸化炭素になります。
  5. 環境に優しい生分解性フィルム:グリーンフューチャー®

セロハンの特徴

  • 易引裂性
    どの方向からでも容易に引き裂き開封できます。
  • 無公害性
    焼却しても有害ガスの発生がなく、生分解性があります。
  • 防塵性
    表面は極めて滑らかで、帯電性がありません。
  • 印刷性
    印刷適性に優れ、複雑な印刷でも美しく仕上がります。

セロハンの主な用途

薬品包装(分包紙、粉末・顆粒・錠剤の包材)
食品包装(菓子、スープ、乾物、フリカケなどの包材)
その他(雑貨包装 など)

セロハンの種類

セロハンは大別して普通セロハンと防湿セロハンに区別されます。
セロハンチャート

また、防湿セロハンについては、熱接着性の有無及び防湿処理とその防湿性によっていろいろな種類があります。
セロハンチャート02

主要取扱メーカー

  • フタムラ化学株式会社
  • レンゴー株式会社

プラスチック成型品

準備中

▼用紙に関するお問合せ【営業部】