税金便り

いよいよ始まる相続税増税元年

2015年1月より相続税が改正の実効の年であります。   

 相続税の主な改正点

  基礎控除(非課税枠)の縮小

   改正前

    5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

   改正後(2015年1月より)4割減

    3,000万円+  600万円×法定相続人の数

  例題

  法定相続人の数                改正前                  改正後(2015年1月より)

              1人                       6,000万円             3,600万円

              2人                       7,000万円             4,200万円

              3人                       8,000万円             4,800万円

              4人                       9,000万円             5,400万円

              5人                       1億円                          6,000万円

 

以上のように基礎控除(非課税枠)が4割も減少したことにより、大変な課税強化となっています。これによって改正前では亡くなった人に対する相続税の対象者が約20%程度だったものが、申告をして税金0の人を含めて44%程度になるのではと予想されています。

4割も非課税枠が減少したのに、税率も改正されています。最高税率は50%から55%へ引き上げられました。2億円超から3億円以下の税率は40%から45%へ引き上げ、6億円超には55%の新たな税率が適用されます。

素晴らしい課税強化という言葉以外に見当たらない!!

これにより相続税に縁のなかった人も申告対象になる可能性があり、以前より身近な税金になりそうです。相続が争族にならないよう日頃から心掛ける必要があります。

相続対策には贈与を基本に計画的に年110万円の控除枠を上手に活用する、住宅取得資金贈与の最高1,000万円非課税枠の活用、教育資金贈与の1,500万円非課税制度の活用があります。それぞれ諸条件がありますのでご注意ください。

自民党税調において、2016年改正により結婚資金や育児にも贈与1,000万円を非課税とする案が盛り込まれるようです。

相続に関する色々な情報が飛び交っていますが、情報等にまどわされる事無くしっかりと自分達の状況をふまえ納得できる方向で検討くださいますようお願いいたします。

 

                                                                               2015年1月吉日                                                                                       顧問税理士 若狭茂雄

この記事にまだコメントはありません

コメント(*は必須項目です)

CAPTCHA